認定看護師の高待遇の求人探しは転職エージェント利用が◎!

「認定看護師転職エージェントランキング-高待遇の求人探しをナビゲート-」のご訪問ありがとうございます。看護資格のプロフェッショナルである認定看護師は今どの医療機関からも必要とされており転職市場の中では非常に売り手市場になっています。ゆえに高待遇案件も多く給与面でも非常に優遇されています。

認定看護師の方で転職予定のある方はご自身で転職先を探したり知り合いの紹介で転職をしない方が賢明です。というのも大手の転職エージェントを使えば多くの認定看護師求人の中から高待遇&自分に合った求人を選べるからです。ナースフルなどの大手サイトを使えば全て無料で求人データを比較できるのでまずは登録して内容を見られてみて下さい。【ナースフルの初回登録はコチラから

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 レバレジーズ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社TS工建 詳細

認定看護師の募集先の探し方は?

認定看護師は、専門的な知識や技術や、看護師としての経験が必要とされている、いわば看護のプロフェッショナルと言えます。また、認定看護師の仕事とは、病状や患者に対して幅広く高度な対応が必要とされているため、看護師の役割には実践、指導、相談が求められています。

認定看護師の収入は、認定資格の手当をつけてくれる医療機関であれば、一般の看護師より手当て分が高くなっているようです。しかし、勤務している医療機関によっては、専任枠が決まっているといったことや、認定看護師を必要としていないといったことから、認定看護師の資格を有していても、手当ても付かない医療機関もあるようです。

そのため、最近では、認定看護師の資格を取得してから、転職する看護師も増えているようです。せっかく苦労してとった資格を活かせないのであれば、何のために認定看護師の資格と取ったのかわかりませんね。

認定看護師を必要としている医療機関は多数あります。そのため、認定看護師として資格を活かして活躍できるフィールドは、ますます広がっているのです。つまり、認定看護師の資格をもった看護師の方が、自ら好条件で好待遇の新しい職場への転職を希望するのであれば、いくらでも希望の勤務先を探すことができるということなのです。

看護師の方が転職を考えるのであれば、看護師専門の転職人材サービスを利用するという方法があります。もちろん看護師の方が、自ら転職先を探すということも可能でしょう。しかし、個人で転職活動を行なうことは、毎日忙しく仕事をしている中で、転職先を探すということになるので、とても大変なことです。また、個人で得ることができる求人情報にも限りがあります。

看護師専門の転職人材サービスは、多くの実績とネットワークアから、全国の医療機関とのパイプも太く、また医療機関からの信頼や信用も厚いことから、多くの非公開の求人情報も寄せられているのです。そのため、看護師専門の転職人材サービスに登録すると、個人では得ることができない非公開の求人情報も紹介してもらえるので、自分の希望の勤務先も見つけやすくなっています。

また、看護師専門の転職サービスは、看護師の転職に特化したさまざまなサービスを行ってくれます。忙しい看護師としての仕事をしながらの転職活動において、求人情報の紹介をしてくれるだけではなく、書類作成や面接日程などの調整、さらには条件の交渉といったことまでサポートしてくれます。また、希望の転職が実現した後も、条件に問題がなかったかといったことのサポートもしてくれるのです。そのため、看護師の方が転職を考えるのであれば、無料で登録できる看護師専門の転職人材サービスがおすすめです。

認定看護師の求人倍率は?

近年では看護師不足が全国各地で叫ばれています。基本的に看護師という国家資格を有している限り、よほどのことがなければ、完全な売り手市場であり、就職率や転職率というものは、100パーセント以上と言われている状況です。しかしながら、条件面などを考慮した場合、やはりどこかに妥協というものをしなければ、ならないというケースも当然にあり得るわけです。そこで通常の看護師ではなく、認定看護師という資格を有している看護師となれば、どうなのかというのは、とても気になっていらっしゃることでしょう。ここでは、認定看護師の求人倍率について紹介をしていきたいと思います。

まずは認定看護師の求人倍率を見る前に、通常の看護師国家資格しか持っていない看護師の求人倍率を見て行きましょう。看護師の求人倍率は、2.3倍から2.6倍となっており、この数字は、過去10年以上変わっていない数字となっているのです。簡単に言ってしまうと、看護師一人に対して、新卒者でも既卒者であっても、約2.5件程度は求人が存在しているということを意味しているのです。

これは非常に高い数字なんですね。その証拠に様々な形態の会社でも必要だとされている一般事務という仕事の場合には、実に0.12倍となっています。あれだけ多くの業界において、広く募集されている一般事務という職業ですら、1倍にも届いていないというのが、現在の日本の現状なのです。またよく求人媒体などで見かけることが多い、販売職というものを見てみても、0.49倍と、事務職と比較すると、数字は上がっているものの、これもまた1倍にすらも届かないといった状況なのです。こういったデータを見ていくと、とても看護師という職業が、就職や転職に有利である職業であるのかが分かると思います。

通常の看護師でも2.3倍から2.6倍という有効求人倍率なわけですから、その上にランクされる認定看護師の求人倍率は、非常に高いものとなっており、3倍以上という状況になっているのが現状です。様々な社会の変化によって、より専門性の高い看護を行うことが出来る認定看護師の需要は非常に高まっている状況にあるのです。特にこういった人材を確保することが出来るだけで、病院の経営という面でも、新しいアプローチを試みることが可能ですから、多くの医療機関において、認定看護師を必要としている状況なのです。

認定看護師の資格を有していれば、より質の良い職場で、より待遇面で優遇された転職活動を行なっていくことが可能だと言えるでしょう。通常の看護師でも問題なく求人はあるものの、それ以上の好条件の転職先と巡り会うためには、かなり有効な看護師資格だと言えるでしょう。

看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR