50代で認定看護師になるには?

一般に年齢50代と聞くと、何かにチャレンジしようとするには遅いのでは?と思われる人も多いのが事実です。しかし、看護師という職業が特殊であり、深刻な看護師不足という問題が続いている以上、その限りではありません。また、看護師として働くなかで、定年までまだまだ時間がありますし、キャリアアップを考える人も少なくないでしょう。認定看護師の資格認定の条件として、「卓越した看護技術と知識を用いて質の高い看護実践ができる」とあります。50代看護師はこの条件においてもすべてクリア出来ていると考えられます。

実際に、50代で認定看護実習に取り組んでいる人もいますし、これから取り組もうと考えている人もいます。結論からいっても50代で認定看護師になることは可能です。しかし、現実問題として20代30代の看護師と比べると知力、体力の低下は否定できません。認定看護師資格の取得には6か月以上研修があり、体力はもちろんのこと、知識の習得のため、相当の努力や覚悟が必要でしょう。また、認定の実習ではこれまでの自分の看護観が打ち砕かれるということもあるようで、経験がある分「自分」という壁にぶちあたりしんどくなるという声もありました。そしてどちらかといえば認定後の方が忙しく、看護師業務にプラスされた認定看護師としての仕事やその他、研修、勉強会、後輩の指導と過酷な現状もあるでしょう。資格取得にチャレンジする際には、現在の業務よりも忙しくなるであろうこと、仕事量が増えるであろうことも頭にいれておく必要があります。また、認定分野看護の質の維持のため5年ごとの更新制度もあるため、認定看護師の勉強は一生続きます。それでも自分は安易に決心したのではなく、信念を持ち挑むのだというのであれば年齢は関係ないといえるでしょう。実際に50代での認定看護資格取得にチャレンンジした看護師も「きついけどやりがいはある」といわれています。

昨今の高度医療の発展や超高齢化社会に対応するため、専門性に特化した認定看護師の需要は今後もますます拡大されます。認定資格を持っていて損なことは、決してありません。また、人生においても何かにチャレンジすることは年齢とは関係なく、無駄になる事もありません。ただなんとなく認定看護師になりたいという漠然とした思いでは、正直、認定看護師になることは難しいでしょうが、今後の自分のビジョンをしっかり見据えて価値のある認定看護資格取得にチャレンジすることは、素晴らしいことではないでしょうか?

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR