認定看護師の手当はどれくらい?

認定看護師の資格を取得するには、看護師としての経験を有し、専門的な知識や技術が必要とされていますが、その手当てについては、まだまだ充分とは言えないのが実態のようです。

日本看護協会によると、年々増加してくる認定看護師数に対して、専門性を活用した仕事の割当てや配置、さらには教育支援、それに適正な給与のあり方が課題とされています。そのため、資格取得後の処遇としては、日本看護協会の調査協力病院においては、認定看護師の基本給を一般の看護職より高く設定するといった、様々な工夫が行なわれているようです。また、看護師としての仕事の専門性に対する処遇においては、基本給や手当のいずれかの形によって処遇される場合においても、認定看護師としての役割を果たすことが支給条件とすることが重要だと考えています。

しかし、現実的には認定看護師の手当てとは、決して満足できるものではないようです。日本看護師の2009年のデータによると、認定看護師の手当ての支給がある人は24.7%、支給のない人は71.8%となっています。また、支給がある人の手当の金額はどのようなものかを見てみると、月額で5,000円未満が42.9%、5,000円以上1万円未満が19.0%、そして1万円以上支給されている人は、33.3%となっています。また、認定看護師の手当てとして支給されている金額で最も高い金額は、60,000円となっています。さらに、認定看護師の資格を取得した後は、認定看護師の手当てではなく管理職手当てとして支給されている場合もあるのです。

いずれにしても、認定看護師になったからといって、大きな給与のアップは見込めないようです。しかし、それもどの勤務先で働くかによって、その待遇面も大きく差があるようです。認定看護師を必要としている医療機関で勤務していれば、認定看護師となることやキャリアアップすることによって、給与や手当てがどんどんアップすると考えられます。しかし、その反対に認定看護師を必要としていない、医療機関に勤務していると、どれだけ努力してキャリアアップを図ったとしても、対して給与がアップすることはないのではないでしょうか。

看護師が転職を考えるのであれば、多くの求人情報の中から自分の希望にあった条件の求人情報を得ることが大切です。看護師専門の転職人材サービスなら、多くの実績とネットワークから、全国の医療機関とのパイプも太く、多くの非公開求人を含め多種多様な求人情報が寄せられています。そのため、看護師の転職には、こういった看護師専門の転職人材サービスに登録すると、多くの求人情報を紹介してもらえるので、希望の勤務先もみつけやすくなります。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR