認定看護師になるには?

認定看護師とは、日本看護協会の審査に合格した、日本看護協会に認定された看護師のことです。そして認定看護師とは、特定の看護分野において、深い知識や高い技術を持ち、質の高い看護を実践することができる看護師のことです。また、認定看護師とは、特定の分野のみだけではなく、一般的な看護分野においても高いスキルを持ち、看護師の中でもスペシャリストと言うべき存在なのです。

認定看護師となるために認定看護師の資格試験を受験するには、3つの条件を満たしている必要があります。その3つの条件とは、日本国内の「保健師」「助産師」「看護師」のどれかの免許をすでに取得している事、そして、保健師、助産師、看護師の資格を取得した後に、実務経験が通算で5年以上ある事、また、実務経験うち、認定看護分野における実務経験が3年以上ある事、そしてさらに、日本看護協会が認定した「認定看護師教育課程」を修了している事、の3つです。

つまり、これら3つの条件の全てをクリアしなければ、認定看護師の資格試験を受験すらできない、ということなのです。

「認定看護師教育課程」とは、日本看護協会が認定している教育機関において、6カ月以上指定時間数以上の教育を受けなければいけません。しかも、「認定看護師教育課程」を受けるためには、保健師、助産師、看護師の資格を取得した後に、通算で5年以上の実務経験が必要となっています。そのため、看護学校を卒業したばかりでは、認定制度を受けることができないということになります。

認定試験は筆記試験のみとなっているので、認定看護師を目指して5年以上の看護師としての実務経験があれば、決して難しいものではないでしょう。しかし、一度認定看護師の資格認定を受けて合格した場合、認定看護師の質の向上のために、5年ごとの更新が義務付けられています。更新審査には、看護実践時間が2000時間以上あり、自己研鑽の実績が規定の内容で50点以上に達していることが認定条件となっています。また、更新審査で不合格となればせっかく努力して取得した認定看護師の資格は、はく奪されることになります。そのため、認定看護師を目指すのであれば、それなりの覚悟をもって望むことが大切でしょう。

認定看護師となれば、他の看護師への指導を行うこともあり、勤務先によっては、収入面においても多少は待遇もアップする場合もあるようです。しかし、認定看護師の資格を持っているからといって、どの勤務先においても待遇がよくなるわけではないようです。そこで、認定看護師の資格を活かして、さらに待遇のアップを図るのであれば、転職も選択肢としてあるでしょう。看護師の転職には、看護師専門の転職人材サービスを利用すると、個人ではなかなか見つけられない求人情報も紹介してもらえるのでおすすめです。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR