認知症の認定看護師

認知症の認定看護師の主な役割とは、認知症の生命や、生活の質を向上させるQOL、そして尊厳を尊重して、認知症の発症から終末期に至るまで、安全な療養生活環境を提供することです。そして、さらに認知症についての専門知識や技術を他の職種にも広めて、認知症看護の質向上に貢献することです。つまり、認知症の認定看護師とは、特にデイケア計画や、リハビリテーション計画などの立案、さらには家族に対する在宅でのケア指導等も行うことができる、認知症介護のスペシャリストなのです。

日本において、認知症看護の認定制度は2005年4月から始まりましたが、現在そのケアはしっかりと確立しているとは言えない現状です。しかし、認知症の認定看護師を中心にして、認知症患者の尊厳が守られる環境づくりを考えていく必要があるので、まだまだ認知症の認定看護師は求められていく人材でしょう。

今後の日本では、2025年には高齢者の人口が、ピークの3,500万人に達すると言われています。そのため、認知症患者のケアは、今後、今以上に深刻な問題となっていくと考えられます。しかし認知症の症状の特性から、患者の在宅や入所、入院の関係なく、療養期間と介護期間は長期化しているようです。さらに、合併症を含む病態や病状管理の頻度も高くなっています。そのため、認知症患者に対する的確な終末期ケアを行い、医学や医療の様々な意味で効果のある援助計画を立案し、それに対応できる臨床能力の高い看護師の人材が求められているのです。

認知症看護は、認知症の経過と予後を理解した上で、看護を行なわなければいけません。そのため、生命、生活の質や自己実現に対するケアの質、さらにその病態に与える影響の深刻さを洞察し、認知症の発症から終末期に至る長期間のさまざまな看護上の問題を、その家族を含めた統合的な援助を企画して、実践することが求められています。

2012年現在、日本看護師協会に認定されている認知症看護認定看護師数は、全国でも178名と看護師の中でも非常に少なく、不足しているのです。そのため、認知症患者数の増加に伴い、今後も看護師の仕事としては、幅広く活躍できる分野だと言えます。

看護師として働くなら、看護師のスペシャリストとして働けることは、理想の仕事の仕方ではないでしょうか。しかし、職場によっては、自分の目指す仕事や仕事環境ではないという場合もあります。そこで看護師が転職を考えるのであれば、看護師専門の転職人材サービスの利用をおすすめします。看護師専門の転職人材サービスでは、多くの実績とネットワークから数多くの求人情報を紹介してくれるので、希望の勤務先も見つけやすいので、まずは登録してみてはいかがでしょうか。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR