認定看護師に学歴は必要?

看護師になるには、最短の方法として中学卒業と同時に高等学校衛生看護科に入学することですが、一般的には高等学校を卒業した後、看護専門学校、看護系短期大学、看護系大学に入学しその後国家試験を受験し合格し看護師免許を取得するケースが多いです。現在は、認知度も高くなったことで、実習時から最終目標として認定看護師をめざし取り組む看護学生も多いといいますが、なかには専門学校卒では職場でばかにされる、出世できない、認定看護師にはなれないなど悩みを抱える看護師もいます。

それでは認定看護師は、本当に専門学校卒業ではなれないのでしょうか?

いいえ、まったく問題ありません。まず、一般の看護師と学歴はほとんど関係ありません。認定看護師の資格取得条件として、「日本の看護師資格を保有していること」「看護師としての実務経験が5年以上(うち3年は認定看護分野)」「認定看護師教育機関終了」「認定審査合格」となっており、どこにも大学卒の資格や学歴の記載はありません。現在、看護師国家試験を受ける半数が大学卒となっているため、将来的には大学卒イコール臨床で優秀な看護師と見られがちかもしれませんが、看護師の能力には個人差があり、適正も必要であるため、学歴だけで左右されるというものではありません。

ひとつ差があるとすれば、学歴による給料の違いが多少あるくらいでしょう。看護師にとっても重視するならば、学歴ではなく資格の取得でしょう。専門看護師には大学卒が必要条件としてありますが、認定看護師になるためには、大学卒の学歴が必要条件にはありませんので認定看護師に必要なのは、学歴よりも「その看護師の人間性」や「看護師としての働き方」でしょう。一般の看護師も認定看護師に対しては、仕事をするうえで指導してもらうことも多く、なかには尊敬の気持ちを持って接してくれる看護師もいるでしょう。患者さんにとっても、その看護師に学歴があるかは全く必要なく、患者の事を考えてくれているか、そばにいてくれるかが一番大切ですからね。

以上のように認定看護師に求められるものは学歴ではなく、「実践」「指導」「相談」という大きな3つの役割において優れた資質、能力があり創造的に組織を発展させることが必要なのです。ただ、大学で勉強してきた看護師は論文、研究に慣れているということもありスムーズに行えるということもあるので、実際に論文などの経験が少ない看護師は、認定看護師として論文制作、研究発表などの際には、それ以上の努力が必要であるといえるでしょう。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR