救急看護の認定看護師

救急看護の認定看護師とは、高度先進医療を行う救急医療ニーズに応えられるよう、救命技術を実践して、危機状況にある患者や家族に対する精神面の援助を行うことが求められています。さらに、家族に対する精神面の看護といった幅広い救急看護領域の知識や技術を身につけ、緊急時に応じた的確な判断ができ、確実な技術を実践する救急看護のスペシャリストです。

医療の質に関連して求められるものには、技術や設備、そして連携などが上げられています。しかし、最も医療の質に直結していると言えることは、救急医療に従事する救急隊員や医師、そして看護師といったスタッフの技術なのです。そして現在では、これまで以上に救急医療に求められる役割も高まっているのが現状となっているようです。このような医療の状況から救急医療界においては、救急医療に従事するスタッフの質を維持して、向上させるために、徐々に救急医療体制が整備されてきています。

このような医療現場の状況から、日本看護協会において、看護業務基準の中で、「看護師が専門的知識を持って実践して行くことの必要性」があげられ、専門的知識や技術を持った看護スペシャリストの育成を図るために発足したのが、認定看護師制度です。そして、救急看護の認定看護師は、1997年に初めて認定されました。

救急看護における認定看護師の認定は、認定看護師制度発足当時からありました。しかし、教育機関が少なかったこともあり、その数は非常に少ないものでした。そして、現在では救急医療のニーズが高まっていることから、その数は徐々に増えているとはいえ、まだ充分とは言えない状況のようです。

地域住民の救急医療ニーズはとても高く、その地域の救急医療ニーズに応えるために、それぞれの病院では、看護師もトリアージの必要性が求められています。というのは、救急車搬送以外の患者は受付順で診られること多い、また看護師によるトリアージの必要性の認識が一定ではない、さらに看護師の救急外来の勤務経験が少ない、トリアージに対する不安が強いといったことからです。

2012年月現在では、日本看護師協会に認定されている救急看護認定看護師数は、全国で614名となっています。そこで、救急看護の認定看護師は、救命技術やトリアージ、そして急変に応じたケアや技術に特化した能力が求められ、現在の医療の現状から、さらに必要とされる人材であると言えます。

看護師という仕事は、とても責任のある仕事です。その中でも救急看護の認定看護師の仕事とは、さらに責任のあるやりがいのある仕事でしょう。看護師がさらに能力や仕事の充実、スキルアップなどといったことから転職を考えるのであれば、看護師専門の転職人材サービスを利用してみてはいかがでしょうか。看護師専門の転職人材サービスは、多くの求人情報を紹介してくれるので、希望の勤務先も探しやすいでしょう。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR