不妊症看護の認定看護師

近年では、結婚の晩婚化であったり、妊娠の高齢化によって、不妊に悩むカップルが増加しているという状況にあります。こういった社会の変化により、看護の世界でも、不妊症看護認定看護師の需要が高まっている状況にあるのです。ここでは不妊症看護の認定看護師について紹介をしていきましょう。

まず不妊症認定看護師に求められるものとして、不妊症に悩む患者さん及び、そのパートナーの自己決定の支援を行うことが挙げられます。不妊治療は、個人差というものはあるものの、多大な時間がかかることはもちろん、多くの経済的な負担も患者さんはもちろん、そのパートナーにも求められることになるのです。肉体的にも負担がかかり、精神的なストレスも相当なものになるものです。また確実な妊娠成功が保証されているような治療でもないため、それぞれのカップルが納得できる自己決定を支援することが求められているのです。

次にトリアージも大事な作業になってきます。不妊であるという事実は、患者さんの男性、または女性としての存在価値というものをも左右するとても大きな問題になります。治療によって成果が得られない場合、自分自身に対しての価値観やライフスタイルというものに変化が見られ、最終的に精神的に不安定な状況になる患者さんも多くいらっしゃいます。患者さんそれぞれの看護ケアレベルというものをいかに見極め、適切な支援環境を整えてあげることが出来るかということも、不妊症看護認定看護師の大事な役割の一つなのです。

これとは別に、患者さんだけでなく、不妊症治療に携わる看護師の精神的、肉体的的なケアも行なっていくことが、不妊症看護認定看護師の大事な役割になってきます。不妊治療に携わる看護師の多くは、看護観や倫理観というものから、多大なストレスやジレンマなんていうものに晒されていることが多く、看護をしている側が、患者さんよりも大きなダメージを負ってしまうことが考えられます。こういった現場で働く、不妊治療専門の看護師のケアを行なっていくということも、不妊症看護認定看護師の重要な役割だということを覚えておきましょう。

不妊症看護認定看護師になるためには、実務経験が3年以上で、それも不妊症患者の多い病棟や外来において看護実績を積んでいなければ、認定看護師の資格を得ることが出来ません。このため、この条件を満たすことが出来る病院施設で勤務をしなければ、いつまでも認定看護師になることが出来ないのです。それぞれのエリアによって、認定看護師の実務研修の条件を積むことが出来る医療機関で働くことが前提になってくるのです。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR