集中ケアの認定看護師

集中ケアの認定看護師とは、集中ケアに関して最新で幅広い知識と技術を持ち、手術後や、原疾患急性増悪、急変、重症度の高い患者の心身共に的確な看護を行い、さらにその家族の精神的なケアを実践する看護スペシャリストです。

集中ケアの認定看護師の具体的な仕事としては、患者の障害の程度を最小限にするために、回復を促進して、心臓リハビリテーション、呼吸理学療法、ADL拡大、嚥下障害といった早期リハビリテーションなどケアを行なうことです。

重症集中ケア認定看護師が日本看護協会より制定されたのは、1999年です。そしてその後、2007年8月に、重症集中ケアから集中ケアと名称が変更されたため、現在では集中ケアと呼ばれています。集中ケア認定看護師は、主にICUといわれている集中治療室や、CCUと言われる集中監視治療システムにおいて勤務している看護師です。さらに、集中ケア認定看護師とは、集中ケアの専門的知識と技術を習得し、日本看護協会の認定を受けた看護師であり、2012年現在では、集中ケア認定看護師数は、全国で330人と限られた人数のようです。

集中ケアとは、クリティカルケアとも言われていますが、生命現象の危機的状態にある患者や家族の反応に対処する看護を行ないます。また、呼吸や循環といった重大な機能障害があり、生命維持管理装置を必要としている患者の回復を支援することです。そのため集中ケアとは、一般的には集中治療室(ICU)で行われますが、一般病棟でも対応が求められることが多くなっているようです。

そのため、集中ケアの認定看護師に求められていることは、早期リハビリテーションにおいては、ADL拡大、呼吸理学療法、心臓リハビリテーション、廃用性症候群予防、嚥下障害のケアなどがあります。また、日常生活援助においては、フィジカルアセスメント、メンタルアセスメントに基づいた日常生活援助といったことが求められているのです。さらに、術後や何らかの原因によって重篤な状態に陥った患者が、早期に社会復帰できるように専門的な知識と技術を用いて支援することが求められています。

看護師の仕事は、責任とやりがいのある仕事です。しかし、勤務先によっては自分が思ったような仕事や仕事環境ではない看護師の方もいるのではないでしょうか。そこで看護師の方が転職を考えるのなら、看護師専門の転職人材サービスの利用をおすすめします。看護師専門の転職人材サービスは、多くの実績とネットワークから、多くの求人情報を紹介してくれます。さらに、その求人情報の中には、個人では入手することができない非公開の求人情報も多数あるので、自分の希望の勤務先を見つけやすいのです。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR