認定看護師の面接は?

いくら売り手市場の看護師という職業であったとしても、基本的に転職をするためには、面接試験を受けなければなりません。条件面というものが良く、人気の高い転職先である場合には、当然に面接試験の内容もハードルが高くなり、不採用という憂き目に遭う場合もあるでしょう。ここでは、認定看護師の面接にスポットを当てて紹介していきましょう。

前提として覚えていて欲しいことは、認定看護師でも、通常の看護師でも、コミュニケーション能力を前提とした、協調性や社交性というものを重要視されることになります。転職の際の面接対策は、この条件さえクリアしていれば、まず不採用というケースにはならないでしょう。問題は認定看護師になるために受ける試験の中にある面接対策ということになります。

認定看護師になるための受験の場合、その倍率は実に4倍とも言われているほどに超難関であるとされています。そしてその試験内容は、筆記試験の他に、面接試験が存在しており、この面接試験が何気に重要なポイントとされているのです。筆記試験も難しいと言われていますが、基本的には過去問題さえ手に入れることが出来れば、ある程度に対策というものを講じることが可能なのです。当然に社会の変化や医療技術などの変化によって、新しい領域の勉強をしなければならないということはありますが、それでも過去問をこなしておけば、ある程度の対策は出来るとされているのです。

面接試験のポイントになってくるのは、志望動機だと言われています。これは転職の際の面接試験でも同じですね。単に、キャリアアップのためなどというような漠然としたものでは、はっきり言ってお話になりません。資格を有していれば、キャリアの役に立つであるとか、転職の際に条件面が優遇されるであるとか、行きたいと思っているような医療機関に入りやすいというような理由も当然に通用しません。

なぜ認定看護師になりたいと思っているのか。また、認定看護師となった暁には、その資格を活かして何をしたいと思っているのか。認定看護師になるための教育を受けて、どんなことを学び、そして何を身につけたいと思っているのかというようなことを、具体的に面接官に伝えることが出来なければ、面接試験をパスすることは、なかなかに難しいことになるでしょう。そして、これらの言葉も面接対策というものから、まるまる持ってきたような言い方ではなく、自分なりの言葉というものを使って表現することが重要になってくるのです。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR