男性の認定看護師は多い?

日本国内では高年齢化が進んでいる事から、今まで以上に認定看護師の数が必要とされている一方で、求人数と応募率が噛み合わず、なかなか人員を確保できない職場が多くなっています。その理由としては、職場で働く人数が少なく、認定看護師として働く場合に一人当たりに掛かる負担が大きくなってしまう、職場環境に馴染む事ができないストレスから早期退職をする、もしくは女性の場合であれば出産や結婚を機に職場を去る人が多くいる為です。特に、看護師の中には、なかなか自分にあった職場環境を見つける事ができず、転職を繰り返す人が多いことも、この仕事の特徴の一つと言えます。

以前までは、認定看護師として働く人数は女性が圧倒的に多く、2000年の時点では男性の数はおよそ2.2万人に留まっていたものの、2015年現在では5.5万人以上の男の看護師が働いています。また、職場に関しても、男の看護師を積極的に受け入れる場所が多くなってきている事や、年齢制限を設けていない職場が増えてきている事から、第二就職先として認定看護師の職を選ぶ人も徐々に多くなってきています。その他の特徴としても、男性の場合では転職率が低くなっている事から、職場内でのリーダーとして働く人もおり、今まで以上に男の看護師が必要とされている現状があります。

その一方で気になる事としては、やはり割合的には女性看護師が多い職場であるので、職場内の男性の数が少なく、なかなか他のスタッフととけ込む事ができず、孤立をしてしまうデメリットがある他、患者さんの中には女性看護師のケアを希望する人もいる事から、実際に職場で働き始めた際には、仕事のハードさよりも、職場環境を理由とする離職が多くなっている事実があります。ですので、これから男性が認定看護師として働く際には、事前に職場内の男のスタッフ数を聞いてみることや、事前に職場を訪れる事で、スタッフ同士の関係を見ておく事が大切ではないでしょうか。

このように、徐々に増加してきている男性の認定看護師ですが、女性の数と比べた場合にはまだまだ少ない事が現状としてあります。しかし、体力を必要とするこの仕事における男性の必要性は高まってきており、特に老人介護の現場では男性を積極的に雇う機会が多くなっているので、これから職を探す場合には、様々な勤務地を比較する中から、性別を問わずに積極的に雇っている場所を選ぶようにすること、老人介護の現場に焦点を絞って職を探すようにすると、より認定介護士としての仕事を得やすくなります。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR