摂食嚥下障害看護の認定看護師

人間が摂食嚥下の能力を失うということは、非常に重大なことです。そのため、摂食嚥下障害看護の認定看護師とは、摂食嚥下障害分野において熟練した技術と知識によって、質の高い看護を実践して、他の看護師や医療スタッフへの指導や相談を行うことが仕事です。また、摂食嚥下障害看護の認定看護師とは、主に心療内科や精神科における摂食嚥下障害に特化した看護のスペシャリストです。

摂食嚥下障害看護の認定看護師の主な仕事とは、摂食嚥下障害のある患者のQOL、いわゆる生活の質を維持して、さらに向上することを目指します。そして、そのことによって、摂食嚥下障害看護の専門的知識と実践力に基づいて、看護スタッフの指導や相談を行うのです。

摂食嚥下障害看護の認定看護師の仕事には、例えば、食事介助があります。その技法としては、吸引準備や緊急時の対応といった安全を確保することがあります。また、嚥下体操や、口すすぎや歯磨きといった口の清潔、姿勢、唾液、嚥下といったような、食べる前の介助を行ないます。 さらに、この際、介助者の目線にたって、口にものが入っている時には話しかけないといったような、様々な注意が必要とされるのです。

さらに、摂食嚥下障害看護の認定看護師は、障害の程度を評価して、必要なリハビリを実施しなければいけません。必要なリハビリとは、例えば、口のまわりや口腔内のアイスマッサージ、さらに舌の機能訓練などがあるようです。また、病院内の栄養サポートチームの中において摂食嚥下チームの一員として、病棟のさまざまなセクションの医師と共に仕事をするので、様々な角度から障害にアプローチすることができる仕事でしょう。

人間が食べることはとても重要なことであり、摂食嚥下障害看護の認定看護師は、摂食嚥下障害の患者が、食べることで体力を回復し、より豊かな日常生活をおくるケアを行なうという重要な役割を果たします。しかし、2012年現在では、日本看護師協会に認定されている摂食嚥下障害看護の認定看護師の数は全国で302名と、比較的少ないと言えるでしょう。 そのため、摂食嚥下障害看護の認定看護師は、今後もより多くが求められ、活躍が期待されるでしょう。

看護師として働く上で、やはり看護師としての仕事の充実と、自分自身の仕事に対する満足度はとても大切なものでしょう。しかし、現在は看護師の数が不足していることから、思ったような仕事ができていない看護師の方も多いのではないでしょうか。そこで、看護師の方が転職を考えるのであれば、看護師専門の転職人材サービスを利用すると、自分の希望の勤務先が見つけやすいでしょう。看護師専門の転職人材サービスは、看護師の転職に特化したさまざまな情報とサービスを行ってくれるので、ぜひおすすめです。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR