手術看護の認定看護師

急性期医療の中心は、何と言っても手術医療です。手術治療の施術進歩によって、内容というものは、当然に高度化しており、手術件数というものも、年々に増加をしているというのが現在の世の中です。これによって当然に術前・術中・術後の看護のスキルも変化をしていっているのが当然であり、より深い理解を求められているのが手術看護認定看護師の役割と言われています。

基本としては、患者さんの回復を見据えて一貫した看護計画を準備するということです。その上で、手術後の回復過程を念頭に置き、手術中に実践的な看護を行うことが出来る能力や知識を求められることになります。手術治療は、チーム医療が基本です。チームの中の一員としての自覚や、相互の専門性というものを理解して、それらを手術に携わる人間全員が発揮出来るように環境を整えることも、手術看護認定看護師に求められる大きな役割の一つだと言われています。

また高度化していく医療技術の中において、そこに疑問や新しい課題というものを見出すということも、手術看護認定看護師の大事な役割になります。様々な知識やスキルを有している必要がありますが、根本になっているのは、手術期を安全かつ、安心して過ごすことが出来、元の生活にいち早く帰ることが出来るように支援していくことなのです。この点をしっかりと把握した上で、手術看護認定看護師の道を目指しましょう。

手術看護認定看護師になるためには、当然に条件を満たしている必要があります。手術看護の分野において通算で3年以上の看護実績を有していること。手術看護において、機械出しや外回りの仕事の実務経験があるということ。これらが基本的な条件になっています。ただ、現職の手術看護の分野での勤務をしている看護師が望ましいということもありますから、手術看護の分野を満たしている職場で働いておく必要があるのです。

最後の条件は絶対条件ではありませんが、認定看護師を目指すのであれば、自分が目指す分野の経験をより多く積み、その経験や知識が新しいに越したことはありませんね。手術看護の認定看護師に限らず、認定看護師の資格を取得したいと考えているのであれば、現職でその分野の看護師として働いているということには、拘った方がいいと言えるでしょう。認定看護師を目指している場合、働く病院の選択如何によっては、非常に遠回りになってしまうことにもなりますから、注意をするようにしておきたいところですね。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR