認定看護師は残業が多い?

看護師の仕事内容は3K、現在は9Kとまで言われ過酷な状況で働かざるを得ない現状があります。Kのひとつには「きつい」があります。仕事内容がきついのも当然ですが、労働時間、いわゆる残業時間が長く「きつい」のは慢性的な人手不足である看護師の労働環境としての問題ですし、看護師の退職理由の上位となっています。

認定看護師としても例外なく残業時間は多く、また認定看護師としての活動時間以外の残業にはならない時間も多いのは否めません。各施設により違いますが、認定看護師としての資格を取得したからとはいえ、慢性的な看護師不足である昨今、勤務時間のすべてをその活動時間に与えられるわけではありません。実際の認定看護師としての活動は一般看護師の仕事にプラスされる事も多く、認定看護の更新に必要なポイントの取得には仕事の時間以外を裂かなくてはならず、ただでさえ忙しい看護師にさらに輪をかけて忙しくなるという現状です。それ以外に、時間外労働として扱われない始業時刻前に準備する業務や、勤務時間外の研修、持ち帰りの仕事などを含めるとかなりの時間を費やすことになります。熱意と信念をもち認定看護師になったのはいいけれど、自分の生活、時間までも犠牲にして身を粉にして働いているだけでは心と身体のバランスも崩れてしまいます。

でも、病院によってはフリーで活動できるように配置されている認定看護師もおり、時間内にケア、外来、勉強会の準備などできるという病院もあるようです。そうでない場合も、過度なオーバーワークを改善するため、認定看護師として活動に実際に必要な時間、ケア件数、時間外の割合などを提示し改善をもとめ直接直談判する人もおり、これも自分を守るためのひとつの手段でしょう。また、もともと残業時間が少なく、たとえ残業をしたとしてもサービス残業ではなくきっちり請求できるところもありますので、自分が認定看護師として働く病院をしっかり選ぶ事も大事でしょう。

5年ごとに更新制度がある認定看護師に対するある調査によると、15%の認定看護師が更新したくないと答えたそうです。これは認定看護師が非常に高い技術と知識、コンサルテーション技術を学んだにもかかわらず、認定看護師の手当に対する診療報酬は反映されず、一部の病院を除いては給料や残業代には変化がないといった現状があるからかもしれません。しかし、もともと認定看護師の制定を打ち出したのは日本看護協会ですし、これからの医療現場における認定看護師の必要性、価値を考えれば今後、認定看護師が国家資格として認められ、医療報酬にも反映されるようになる可能性もあるでしょう。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR