小児救急看護の認定看護師

小児救急看護認定看護師とは、小児救急患者や家族がもつ身体的や精神的、そして社会的問題について、専門的な知識や技術によって支援を行います。さらに、小児初期救急における重症症例の緊急性を迅速に判断して、診察の優先順位を見極めるといった高度な知識と観察判断が必要とされる仕事でもあります。そのため、初期救急においては、虐待を受けている子供への対応や母親へ育児相談といった、子供が健全に育つための環境作りの推進を図る看護のスペシャリストなのです。

2010年の診療報酬改定において、小児救急医療が重点課題の一つとなりました。それは、乳幼児の外来診療科や地域連携小児夜間・休日診療科、そして救急医療管理加算・乳幼児救急医療管理加算といった小児救急医療に関連した項目について、評価の引き上げが行われたからです。 その理由は、日本における乳幼児死亡率は、世界的な数値に比べて低いものですが、1〜4歳児死亡率が、乳幼児死亡率において非常に高いことから、受け入れ態勢について新設されたからのようです。

小児救急看護の認定看護師に求められる能力のひとつには、小児救急におけるトリアージがあります。小児救急における時間外診療のうち、軽傷と診察された子供は7割となっています。その軽傷と診察された子供の中に紛れている、少数の重症である子供をいかに見つけるかが、小児救急におけるトリアージです。

また、小児救急看護の認定看護師には、受診する子供とその家族の状況を判断し、援助につなげる能力、さらには子供虐待の可能性を見逃さない能力が求められています。さらに、小児救急看護の認定看護師には、子供の自己や特徴を理解して、それによって事故による病態を理解し、必要な看護を実践すること、さらに子供の事故に対する社会的課題を理解し、看護の役割を明確にすること、などの能力が求められています。

2012年現在における、日本看護師協会に認定されている小児救急看護の認定看護師の数は、全国で130名となっています。小児救急看護の認定看護師は、2006年から認定制度が始まった比較的新しい看護分野のため、今後も人材の需要が多いと考えられます。

看護師の仕事は、どの勤務先で働いているかによって、その仕事や環境、さらには待遇への満足度はそれぞれ異なっているでしょう。現在看護師は、人材不足となっているので、多種多様な人材が求められています。そこで看護師が転職を考えるのであれば、看護師専門の転職人材サービスを利用すると、多くの求人情報の中から、自分の希望の勤務先を見つけやすいので、登録してみてはいかがでしょうか。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR