認定看護師の研修内容は?

認定看護師になるためには、まず日本看護協会が行なっている認定看護師の資格試験に合格しなければいけません。しかし、この認定試験も看護師であれば誰もが受けることが出来るわけではありません。認定看護師の試験を受けるためには、日本国内で保健師、助産師、そして看護師の資格をもっていることに加えて、通算で5年以上の実務研修が必要とされています。また、この5年の実務研修のうちの3年は、資格を受ける認定看護分野の実務研修が必要とされているのです。

では、その認定看護師の資格を取得するために必要な、実務研修内容の基準とはどのようなものなのでしょうか。研修内容の基準は、それぞれの専門分野ごとに設けられています。どの分野にも共通して1番目にあげられている内容は、通算で3年以上、それぞれの分野における看護実績を有することです。さらに、もうひとつ、現在それぞれの分野における患者が多い医療機関で勤務していることが望ましい、ということがあげられています。

では、それ以外のそれぞれの分野の研修内容には、どういったことがあるのかというと、例えば、「がん化学療法看護」の分野においては、「がん化学療法薬の投与管理の実績があることを必須として、がん化学治療法を受けている患者の看護を5例以上担当した実績を有する」とされています。また、「緩和ケア」の分野のおいては、「積極的治療が行なわれてから死に至るまでの緩和ケアを受ける患者を5例以上担当した実績を有すること」とされています。さらに、「救急看護」の分野における研修内容の基準は、「初療において、CPA・重症外相・意識障害・呼吸不全・循環不全・中毒・熱傷患者の看護の中から5例以上担当した実績を有すること。緊急手術の経験を有することが望ましい。」とされています。

このように認定看護師の研修内容には、それぞれの分野において、専門的な知識と技術を活かした経験が必要とされているのです。このような研修内容をクリアして、認定看護師の資格を取得することは、とても大変なことではないでしょうか。そのため、大変な思いをして取得した資格を活かした、看護師としての仕事ができ、資格を活かした待遇であることはとても理想的なことです。

看護師が自分の経験と資格を活かして、スキルアップと待遇のアップを図るのであれば、看護師専門の転職人材サービスの利用をおすすめします。看護師専門の転職人材サービスには、看護師に特化した多くの求人情報が寄せられています。また、その求人情報の中には、非公開の求人情報も多数あるので、個人では得ることができない好条件の求人情報もあり、自分の希望の転職を実現することができます。

人気の認定看護師転職エージェントランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
関東/関西/東海/九州 無料 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
看護師転職エージェント
分野の紹介
よくある質問
地域別の認定看護師求人
運営者情報
PR